未分類

早めに相談

もしも相談したいことがあれば、相談すべき稼働するべきか迷わず、出来るだけ早めに相談する方が良いです。それは金銭の絡む問題だと、時間を置けばおくほど、解決しにくくなるからです。

スケジュールたとえば、過払い金請求があり、これは個人で請求できますが、確実に過払い金を受け取るならば、法律事務所で相談するのが良いです。ただし請求できるのは、過払い金が発生してから10年までであり、10年を越えると時効となる、請求が出来なくなります。時効となると、帰ってくるはずのお金さえも返らなくなります。さらには相手との兼ね合いもあり、お金を借りていた金融機関が倒産するおそれもあり、倒産すればやはり過払い金は戻ってきません。また相談を行えば、どれぐらいの過払い金が発生しているのか明確になり、問題に対してどのように対処すればいいかも道筋がわかってきます。

このようにして過払い金請求を例としましたが、法律事務所への相談は、法律や金銭の関わる問題を扱うことになります。相手との関係もあり、時間を置くほど問題が不明確となって解決しにくくなるのです。早めに相談することは、抱えている問題を明確にして、どのように解決すればいいかもわかるようになります。